歯科医院によって、できることには大きな差があります

スキルを磨きつつ、オールマイティにこなす働き方

資格を取り立ての歯科衛生士さんはまず、歯科医療の現場を経験しつつ、実際に患者さんと接することでスキルを積んでいくことになります。ほとんどの衛生士さんは大学病院などではなく一般の歯医者さんで働くことになります。歯科衛生士は慢性的な人手不足ですので勤務先は色々な条件から選択することができます。街の歯医者さんでは、クリニックの一員として働きますので、清掃や滅菌、場合によっては受付業務などもこなし医療現場の経験を積むことでキャリアを積むことができます。

衛生士の仕事に集中できる歯科医院

街の歯医者さんでも完全に分業化している歯科医院もあります。歯科衛生士、歯科助手、受付、クリーンスタッフ、院長秘書と分かれている医院は比較的規模の大きな歯科院のスタイルとして見られます。衛生士はスケーリングやTBIなど本来の仕事を担当制などで行います。患者さんとのコミュニケーションも多くなります。定期的に、メンテナンスに来てくれるような環境を作ることが求められます。歯科衛生士が複数在籍している医院では指名のようなものがそれとなく患者さんから入ることもあり緊張感とやりがいとが混在する立場になります。

専業も、オールマイティも選べる職業

歯科衛生士と言っても務める勤務先によって仕事内容の幅は大きく広がったり濃くなったりします。自分にあったスタイルを多くの選択肢から選べることが衛生士のメリットと言えます。歯科医院は少人数で行うチーム医療なので経営者である歯医者さんの考え方が職場のカラーそのものと言うことも少なくありません。歯科衛生士専業を希望する場合でも患者さんの情報共有は不可欠ですので、全体の流れを把握することは必要です。また、子育てなどで現場を離れても求人が多く復職が比較的簡単にできる職種なのもこの職業の魅力です。

歯科衛生士の求人は数多く出ています。自分に合う求人を見つけたいなら、報酬やシフトなどの労働条件を明確にして探しましょう。