勤務している病院以外でバイトをしている多忙な医師

医師はほんとうに忙しい

具合の悪い時に病院へ行きますよね。その時診察してくれる先生のことは、いい先生とかそういったことは気にするかもしれませんが、もしかしたらその病院の勤務医ではないかもしれない、ということはあまり気にしないのではないでしょうか。常勤の先生ではなく、例えば○曜日だけ他の病院から来ている先生、など。病院は毎日たくさんの患者さんが来ます。検査や治療、カンファレンスなど目まぐるしく忙しいのに、なぜ他の病院へバイトに来ているのでしょうか。

バイトに行く理由は?

理由の一つとして、公立の病院などは給料が安く、私立の病院へバイトに行き高い給料をもらう、というのがあります。所属としては公立にいて、そこで研究などを続けたい場合や、肩書としてどうしても公立に所属していたいという場合があるようですね。関連病院へバイトに行くことが多いと思いますが、時には遠い地方や島の病院に行くこともあります。たとえそういった理由だったとしても、医師不足の地域にとっはありがたいですね。

命を預かる仕事だから

研修医の頃は、ほんとうに激務です。給料も少なく、寝る時間も少なく、こき使われ研修医も人間ですから、時折力尽きて倒れることもあります。外来もこなし、週に何度かバイトで他の病院へ行くしかし、現場の医師もそうやって学んできたんですよね。命を預かる仕事ですから、失敗は許されず、日々進化する医学についていかなければいけません。だからこそ、厳しいからこそ医師不足にもなってしまうのでしょう。難しい問題ですが、医療の質と医師の生活をうまく両立できるといいですね。

地域によって医師不足が深刻な状況が続いているので、需要が多い地域の場合は好待遇で高時給な医師のバイト求人が増加してます。