意外と知らない!保育士資格(免許)ってどうやって取得するの?

取得方法その1、まずは学校を卒業!

保育士資格(免許)を取得するにはどうすればいいのでしょうか。その方法は2つありますよ。まずは厚生労働大臣に指定された学校に通う方法ですね。決められた単位を取得し、無事に卒業すれば保育士の資格を取得することができます。 この指定されている学校には4種類あります。4年制大学、短期大学、専門学校、それ以外の保育士養成課程です。いずれかの学校を卒業すると、保育士試験は受験しなくても保育士の資格を取得することができますよ。

取得方法その2、保育士試験に合格!

次の方法は、保育士試験に合格する方法です。保育士試験は先ほど紹介した学校を卒業していなくても受験できます。ただし受験資格が決められているので、ここも注意が必要ですよ。主な受験資格を紹介します。短大・専門学校を卒業(または卒業見込み)、 4年制大学を卒業(または2年以上の在籍かつ62単位以上習得済み)、中学校を卒業後に児童福祉施設などに勤務(5年以上かつ7200時間以上)、高校を卒業後に児童福祉施設などに勤務(2年以上かつ2880時間以上)などです。受験資格を満たしていないと保育士になれないんですね。

保育士資格ってどうなの?

待機児童の問題が大きくなっている今、保育士は非常に需要の多い資格ですよ。保育施設はどんどん増えていますし、これからも増えるでしょう。フルタイム勤務はもちろん、パートやアルバイトの求人も多いので、働き方に合わせて選べますよ。また年齢に関係なく資格を取得して働くことができるので、女性の再就職として働きやすいですね。なんと言っても更新のいらない国家資格なので、保育士資格は一生物の心強い資格と言えるでしょう。

保育園の求人は主にハローワークや、折り込み広告で見ることができます。保育士には保育士の免許が絶対に必要です。